せとうち備忘録

    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

津山機関庫

せっかくのGW、遠出しないのはもったいないということで、津山機関庫の見学に参加してみることに。

見学の集合時間は9時半、在来だと間に合わないので岡山まで112Aでワープします(


DSC_4701ed.jpg

岡山で津山行きの普通を待っていると、8番線で223系の解放作業をやってました。
普段幌付きの面を見ることはないのでなんか新鮮ですね。

岡山からはのんびり1時間半揺られて津山へ。
駅から機関庫までは回り道になるので10分少々かかりました。


DSC_4711zed.jpg

受付を済ませ、中へ入ると出迎えてくれたDD51-1187号機。
スノープラウが白塗りされているのも米子機の特徴ですね。

この出雲カンを見てから、模型で出雲を再現しようと決意しました←


DSC_4731zed.jpg

雨が降っていたので、止むまで資料館のようなところを見学することに。


DSC_4732sized.jpg

備前焼列車のヘッドマーク。
これ本物が入ってるみたいですけど割れないんですかねw

この他には本物のタブレット装置など、他では見れない貴重な品々が…
気になる方はぜひ津山へ行って確かめてみてください(笑



DSC_4740zed.jpg

しばらくすると雨も止んできたので、保存車両の撮影へ。

まずはキハ33とキハ52。
庫内だけあって保存状態はかなりいいように見えました。

キハ33も52も結局撮りに行く縁がなく…


DSC_4759ized.jpg

見上げるアングルで。
車両に近づけるのも保存車両ならでは。


DSC_4762sized.jpg

この日の目玉はDE50-1の頭出しと転車台実演とのことでしたが、DE50についてはデッキに上がれるというサービスも。
自分も子供さながらに一枚記念撮影しました()


DSC_4788ized.jpg

キハ28と58。最後は岡山でイベント用として走っていました。
あの急行「みよし」で走っていた車両です。

急行みよしのラストランからはや7年、あの時見た車両と再会したかと思うと感慨深いものがあります。


DSC_4790zed.jpg

そしてキハ58の隣に居るのがキハ181-12。
「はまかぜ」として走り続けた車両、今も津山でその姿を見ることができます。


DSC_4782sized.jpg

塗装は塗り直され、今なお美しい状態で保存されています。
日によっては車内に入ることもできるようです。

個人的にははまかぜ色の車両と1両ずつ保存して欲しかったのですが、贅沢言い過ぎですねw


DSC_4792esized.jpg

キハ181の連結器部分には[京総]の文字が。現役時代の名残ですね。


DSC_4806sized.jpg

転車台実演が終わった後のDD51。
回るのを見るのは初めてでしたが、なかなか迫力あるものでした。


DSC_4796ized.jpg

最後に全体を撮ってから撤収。

わざわざ津山まで見に来るだけの価値があると感じさせられるものでした。
また来てみたいものです。


スポンサーサイト
  1. 2014/05/07(水) 21:58:01|
  2. 遠征記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検索フォーム

プロフィール

せとうち

Author:せとうち
広島地区の鉄道、バスを中心にやっております。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
広島県内の鉄道 (24)
アーバンネットワーク (6)
近鉄 (0)
関西私鉄 (4)
JR四国 (8)
遠征記録 (24)
バス関連 (8)
日常 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。